OPS

CASE 12
CASE 12

株式会社 南海国際旅行

さまざまな監視運用業務を委託し、ほとんど手のかからない状態に。
システムの動作が遅くなっても2分程でリカバリーし、安定稼働を実現。

PROFILE

株式会社 南海国際旅行

南海電気鉄道グループとして1950年に設立された南海国際旅行は、「快適な生活と豊かな文化の創造に貢献する」という企業理念を掲げ、個人に対して旅行ツアーや航空・鉄道券などを販売する他、法人向けのITソリューションなどを提供しています。

出張に関する業務を一気通貫で一元管理できるシステム「BTOL/ビートル」や出張手配と請求に特化したシステム「e-出張」の開発を進めながら、南海国際旅行が運用監視業務を委託するITパートナーとして選択したのが、運用監視業務に高い専門性と豊富な実績を有するJIG-SAWです。

導入経緯や効果について、ITソリューション部 BTOL事業課 大隅貴子氏と残間しずか氏にお話しを伺いました。

株式会社 南海国際旅行

南海電気鉄道グループとして1950年に設立された南海国際旅行は、「快適な生活と豊かな文化の創造に貢献する」という企業理念を掲げ、個人に対して旅行ツアーや航空・鉄道券などを販売する他、法人向けのITソリューションなどを提供しています。

出張に関する業務を一気通貫で一元管理できるシステム「BTOL/ビートル」や出張手配と請求に特化したシステム「e-出張」の開発を進めながら、南海国際旅行が運用監視業務を委託するITパートナーとして選択したのが、運用監視業務に高い専門性と豊富な実績を有するJIG-SAWです。

導入経緯や効果について、ITソリューション部 BTOL事業課 大隅貴子氏と残間しずか氏にお話しを伺いました。

短期間でのシステムリリースを求められ、クラウドの利用を選択

南海国際旅行では、「出張をもっとスマート&スムーズに」というコンセプトのもと生み出された出張手配管理システム「BTOL」や、BTOLの一部機能に特化した「e-出張」などのシステムを提供しています。BTOLは、出張に関わる宿泊先や交通機関の手配などを一つのシステムで一括管理することが可能で、法人専用価格で宿泊先や交通機関を利用することができます。社員が個人で費用を立て替えることがなく月に1回の請求書払いができるなど、便利なサービスです。

これらのシステムは2015年秋に設計・開発に着手し翌年にリリースされましたが、開発当初、短期間でのリリースを求められていました。

大隅氏「短期間でのリリースを求められていましたが、南海国際旅行ではそれまでオンプレミスでのシステム開発しか経験がありませんでした。従来通りオンプレミスでシステムを開発した場合はリリース時期が間に合わず、サービスを迅速にリリースすること、柔軟性や可用性、技術革新に対応することを目的にクラウドを利用する事になりました。そこで、国産のクラウドサービスでサポート面の安心感があるIIJ GIOを選定しました。」

未経験のIIJ GIOの監視運用に課題を抱え、MSPサービスの利用を検討

順調に開発を進める南海国際旅行に、次に訪れた問題は運用に関するものでした。

大隅氏「今まで経験のないIIJ GIOを利用するにあたり、BTOLが24時間365日止まらずに稼働し続ける事ができるのか、不安がありました。そこで付き合いのあった複数のシステム会社に監視運用を委託できる会社がないか相談した所、複数社からIIJ GIOをはじめとする国内外の様々なクラウドに対応可能なJIG-SAWが良いのではないか、と推薦いただきました。」

JIG-SAWを選んだ理由については、

大隅氏「まず第一に、長年のナレッジやノウハウのもと迅速かつ丁寧、そして柔軟にご回答いただけたことが挙げられます。特に柔軟という点において、他の会社では基本的に対応できることがパッケージ化されている事が多いと思いますが、JIG-SAWはこちらの要望にあわせて柔軟に対応事項を決めていただけるので、運用開始後、想定外の運用が必要になった場合などに安心だと感じました。また、自動監視システム「puzzle」を無料で利用することができ、ヒアリングシートをベースに設定も行っていただけるため、設定の手間が不要な点も助かりました。あとは、価格メリットが一番高かったことも、選定理由の一つですね。」

さまざまな監視運用業務を委託し、自社ではほとんど手のかからない状態に。
気になるセキュリティは、WAFで強化。

サービスリリースが終わり、2015年からJIG-SAWの監視運用が開始した南海国際旅行は、単純なアラート監視だけではなく定期的に発生するクラウド運用業務についても委託していました。

大隅氏「JIG-SAWには、リソースやプロセス、ログ、URI、証明書までさまざまな監視業務をJIG-SAWへ委託しました。定常的に発生する各種設定作業などの運用も依頼しているため、監視運用の業務に関して、自社ではほとんど手がかかっていません。自社で対応する場合は調べたり学習する事に時間がかかってしまい本来注力すべき業務に集中できないため、依頼して本当に良かったと感じています。」

それ以外にも、南海国際旅行ではWAFも導入しています。

「今までのようなオンプレではなくクラウドを選択したことで、セキュリティ面の心配が出てきました。JIG-SAWにセキュリティサービスをご提案いただいた所、WAF製品の導入はもちろん導入後の監視・障害対応、各種設定変更対応など煩雑な運用まで包括的に支援してもらうことができると分かりました。WAFを導入したことで、万が一サイバー攻撃を受けても攻撃を防いでくれますし、攻撃によって生じる被害を最小化できるようになり、お客様に安心してご利用いただける形でBTOLをリリースすることができました。」

“システムの動作が遅くなっても2分程度でリカバリーしてもらえる。
お客様に安心してご利用いただけるシステムになっています。”

JIG-SAWの監視・運用代行やセキュリティサービスの利用開始から現在までに感じているメリットを伺いました。

大隅氏「新サービスを展開するためのサーバー構築や各種設定の変更・チューニングを行いたい時には、プロジェクト管理ツールから連絡するだけなので共有がスムーズで、案件の進捗状況もプロジェクト管理ツールから簡単に把握することができるため非常に便利です。JIG-SAWのナレッジやノウハウによるアドバイスももらえますし、南海国際旅行の他のシステム開発担当との連携もスムーズで、時間のロスがありません。」

残間氏「BTOLの動作が遅くなるような場面ではJIG-SAWからすぐにご連絡をいただき、平均すると2~3分でリカバリーしているので迅速にご対応いただいている安心感があります。以前、原因不明のアラートが2日程度続いた事がありました。緊急時には、エンジニアには24時間体制でサポートしてもらっており、迅速かつ適切なアドバイスをいただいています。丁寧かつ柔軟にご対応いただけるため、安心して他の業務に集中することができます。今後、サーバーリプレイス予定の商用システムもJIG-SAWに一括で運用いただき統一する予定です。これからも、JIG-SAWの力を借りながら、お客様に便利なサービスをご提供していきたいと思います。」

構成イメージ図

他の事例も見る

株式会社アダストリア様
CASE 11
株式会社アダストリア
オンプレミス/クラウドが混在する
約400台のサーバ環境の運用監視をJIG-SAWに全面移管、
運用状況全体の可視化を実現し、今後の検討課題も明確化
AWS
CASE 10
株式会社レコチョク
オートスケール基盤とAWS運用監視(マネージド)のアウトソーシング
AWS
CASE 09
株式会社サイバード
データセンター移行支援および 移行後の大規模プライベートクラウドの自動監視・運用サービスのご利用
IDCF
CASE 08
タビオ株式会社
【オンプレミス環境からAWSへの移管】
ビジネス価値を生まない作業からの解放
AWS構築
CASE 07
株式会社パルコデジタルマーケティング
【予想困難なアクセス量に対応したインフラ整備】
アクセスピーク時期に合わせたAWSの運用保守
AWSSECURITY
CASE 06
株式会社ビーイング
【初めてのクラウド導入】
オンプレミス環境からAWSへの移管
AWS構築
CASE 05
株式会社ベアーズ
【AWSを活用したECアプリ開発】
基盤の設計・構築をアウトソースすることにより、開発業務に集中できました
AWS構築
CASE 04
タイム・コマース株式会社
【オンプレミスからAWSへの移管支援】
オンプレミスサーバーリプレースに伴うクラウドの活用
AWS構築
CASE 03
株式会社サイバー大学
定型作業からの解放
クラウド環境の提供~構築・フルマネージド保守までワンストップ提供
IDCF構築
CASE 02
Mysurance株式会社
LINEで保険が贈れる注目の新サービス「贈るほけん 地震のおまもり」のシステムをAWS上に構築、運用監視を24時間365日でサポート
AWS
CASE 01
インフォコム株式会社
GCP導入支援だけでなく、将来のデータ分析を見据えたBigQueryを使用したデータ分析基盤構築やFirebaseを活用したチャットツールの開発支援
Google Cloud