OPS

AWS運用・代行サービスを利用する3つのメリット

2020.10.21

2020.10.21

本記事のポイント

まずはじめに:AWS(クラウド)とオンプレミスの違い

「オンプレミス」では自社内で物理サーバーを用意して情報システムを動かしますが、AWSなどに代表される「クラウド」ではインターネット上に仮想サーバーを用意してシステムを動かします。ハードウェアの管理をクラウド事業者(AWS、Azure、GCPなど)に任せることができ、システム運用者はOS以上のソフトウェアを管理するだけになります。

その他にも様々なメリットが挙げられます。

・初期費用が不要で、時間単位などで利用した分だけの支払い

・すぐにサーバーを利用することができる

・サーバーのスペックアップや台数変更もボタン一つでできる

・ハードウェアの障害を気にする必要がない

メリット1:運用や監視のスキルが不要

クラウドのおかげでハードウェアの管理からは開放されることになりますが、OSやデータベース、アプリケーションなどが正しく動いているかなどの監視業務は必要です。下記はほんの一例にはなりますが、監視対象や障害内容は多岐に渡ります。

・システムに負荷がかかりCPUやメモリなどを圧迫していないか?(リソース監視)

・不正なアクセスなどが無いか?(ログ監視)

・アプリケーションやプログラムが正しく動いているか?(プロセス監視)

・Webページが正しく表示されるか?(URL監視)

AWSではCloudWatchといった監視サービスが用意されており、こういった監視を自分たちで行うことができますが、設定や運用に関してある程度の知識、経験が必要です。そもそも正しい設定が出来ておらずサーバーの異常に気づくことが出来なかった・・・・なんてこともあります。

そういった設定や監視を代行してくれる企業、サービスがあります。上記のような監視をしてアラートを出してくれるだけでなく、障害発生時の復旧も行ってくれる場合があります。例えばアプリケーションが動いていないことを確認したらそのアプリケーションを立ち上げ直したり、不正なアクセスを発見したらそのアクセスを遮断してくれたりします。

プログラムで自動的に検知・対処するだけでなく、複雑な対応についてはエンジニアが手動で対応することもあります。プランやサービス内容に応じて柔軟に対応してくれるところがほとんどです。

メリット2:24時間/365日ずっと監視してくれる

自社で運用するとなかなか難しいですが、ほとんどの運用・監視サービスは24時間/365日サーバーを監視してくれます。万が一の場合も、サーバーの再起動や決められた復旧ルールに従い、システムが24時間動き続けるように努めてくれます。

また24時間対応のコールセンターを設けている事も多く「これって何かの障害かな?」と思ったときにすぐに相談できます。知見のあるエンジニアが対応してくれますので「サーバーの問題か、アプリケーションの問題か」などを一緒に切り分けして、素早く対応することが出来ます。

オプションサービスになることが多いですが「AWSの設定や構築」についての質問に答えてくれる事もあるようです。

メリット3:コストが安い!

AWSの運用・監視サービスの多くは初期費用と月額費用がかかります。おおよその目安にはなりますが

・初期費用:10万円〜

・月額費用:5万円〜

程度で請け負ってくれるところが多いようです。サーバー1台あたりの金額ではなく5台ほどまとめての料金になります。自社で運用エンジニアを採用したり教育することを考えれば非常にリーズナブルと言えます。

少し余談にはなりますがAWSの運用・監視サービスの多くは「請求代行サービス」も実施しています。AWSにサーバー料金を支払わずに代行サービスを通して料金を支払う形になります(そこで料金が少しだけ割引されることもあります)。AWSと直接契約ではクレジットカードが必要になりますが、請求書払いができることがメリットです。

当社でも実施していますのでよろしければご覧ください。

JIG-SAW OPS 請求代行サービス

AWSの運用・監視代行サービスのメリットまとめ

・ノウハウや運用エンジニアが不要

・24時間365日運用・監視してくれる

・月額5万円からでとても安い

自社で運用・監視しなければいけない特別な事情がない限り、代行サービスを利用する方がメリットが大きいです。小規模から請け負ってくれますし、システムや事業が大きくなった場合でも継続して任せることができるからです。

当社でもAWSの運用・監視代行サービスを提供していますので、より詳しい内容やお困りの点がございましたら是非お問い合わせください。

JIG-SAW OPS AWS運用・監視サービス