OPS

CLOUD

AWS(Amazon Web Services)の監視・
障害対応・運用保守を一括代行
AWS監視・
運用代行サービス

AWS

新規のお客様限定初期費用&月額費用が6ヶ月無料
(2021年3月末まで)

お問い合わせ お申し込み締め切り 2020年10月31日

AWSの運用におけるベストプラクティスを元に
お客様の課題を解決いたします。

AWS(Amazon Web Services)は、現在グローバルで最も数多く利用されているクラウドサービスです。JIG-SAW OPSではAWSの監視・運用代行に非常に多くの実績と豊富なノウハウを持っており、監視・運用代行をご支援させていただいているお客様の実に6〜7割が、AWSをご利用されています。JIG-SAW OPSでは独自の自動監視システム「puzzle」をベースに、AWSの提供する監視ツール「Amazon CloudWatch」とも連携を取りながら、AWSの24時間365日の監視・障害対応・運用保守までをワンストップでご支援しています。

SUPPORT 01
AWS監視・障害対応サービス

AWSのサービスに最適な監視設計をご提案し、障害対応までを代行いたします。

AWS監視・運用代行サービスの概要図。AWSのサービスに最適な監視設計をご提案し、障害対応までを代行いたします。

監視設計ご提案フェーズ

JIG-SAW OPSでは、始めにAWSのサービスに最適な監視設計をご提案いたします。システム全体の構成、ご利用中のアプリケーションとその動作、可用性、バースト対策などを検討した上で、監視対象項目・アラートの閾値・実際の監視フローをご提案します。

主な監視対象項目と対応例

メトリクスの収集・監視・アラート通知
Amazon CloudWatch
メトリクス
メトリクスの収集・
監視・アラート通知
インシデント発生の監視・アラート通知
CloudWatch
Events
インシデント発生の監視・
アラート通知
ログの収集・監視・アラート通知
CloudWatch
Logs
ログの収集・監視・
アラート通知

監視・障害対応フェーズ

JIG-SAW OPSでは、札幌コントロールセンター(SCC)、北米トロントコントロールセンター(TCC)の専任スタッフが24時間365日体制でAWSの監視を行い、障害が発生した場合には、原因の切り分けから実際の復旧作業までを行います。

具体的な監視・障害対応業務

24時間365日体制の自動運用
24時間365日体制の自動運用

AWSが提供する監視ツール「Amazon CloudWatch」とJIG-SAW OPS独自の自動監視システム「puzzle」を連携させた自動監視を行います。AWS上でシステムに問題が起きた場合には、即座に自動検知してサーバログインと定型のサーバ復旧を実行します。そこで復旧しない場合は、JIG-SAW OPSのエンジニアが、AWS自体の障害なのか、あるいはOS・ミドルウェア、もしくはアプリケーション障害なのかを判断して、一次対応以降の障害対応を実施いたします。

障害一次対応
障害一次対応

監視設計フェーズで決めた障害対応手順に沿って、サーバOSとミドルウェアの再起動を実行します。またサーバ再起動後にはお客様のサービスURLの確認を行うことで、アプリケーションの復旧も漏れなく確認いたします。

障害二次対応
障害二次対応

一次対応で解決できない障害の場合には、ログの調査による障害ポイントの割り出しやデータベースの復旧などを実施します。

SUPPORT 02
AWS運用・保守サービス

JIG-SAW OPSでは、JIG-SAWが構築した環境はもちろん、お客様側で構築されたサーバ環境も対象として、AWSの運用・保守を代行いたします。これによりIT管理者の皆様は本来業務に専念することが可能となります。

AWS運用作業代行メニュー

24時間365日体制のサポート窓口
24時間365日体制のサポート窓口

AWSに関する技術サポートやお問い合わせを、24時間365日体制の相談窓口でサポートいたします(メール&電話)。

バックアップ設定、取得代行
バックアップ設定、取得代行

EC2やRDS、その他PaaSを対象にスナップショットをバックアップで取得いたします(標準設定)。

セキュリティのアップデート
セキュリティのアップデート

AWSが提供する脆弱性診断ツール「Amazon Inspector」も利用して、RSSやIPAなど複数の脆弱性情報を自動収集し、セキュリティパッチの適用などサーバのセキュリティアップデートを実施します。

セキュリティグループの設定
セキュリティグループの設定

お客様の運用ルールとセキュリティポリシーに沿って、アクセス制限や許可設定作業を代行いたします。

サーバスペックの変更
サーバスペックの変更

定期的なスペックの見直しからやアクセス負荷対策によるサーバスペックの変更を行います。

インスタンスの切り離し作業
インスタンスの切り離し作業

メンテナンス時にインスタンスを切り離す作業を実施します。

ミドルウェアのチューニング
ミドルウェアのチューニング

ミドルウェアを最適な状態に設定します。パラメーターを調整することでボトルネックを解消します。

運用手順書の作成
運用手順書の作成

障害傾向や新たなアラートに紐付く運用手順を整備し、共有ナレッジとしてドキュメント化いたします。

キャパシティプランニング
キャパシティプランニング

アクセス負荷やサーバ利用状況を相関分析することで、最適なスペックを明らかにし、パフォーマンスを向上させるサポートをいたします。

障害解析・ボトルネックの調査
障害解析・ボトルネックの調査

障害予防対策とシステム改善のために調査を実施するサポートをいたします。

SUPPORT 03
AWSテクニカルサポートサービス

JIG-SAW OPSでは、フルマネージドのご契約をいただいた全てのお客様に対して、テクニカルサポートサービスをご提供しています。24時間365日体制のサポートセンターでAWS関連技術へのお問い合わせを受け付けていますので、緊急時への対応場面でも安心です。

AWSテクニカルサポートメニュー

AWSへの問い合わせ代行
AWSへの問い合わせ代行

クラウド基盤の障害や技術的な問い合わせなど、JIG-SAW OPSがお客様に代わってAWSへの問い合わせを代行いたします。

AWSの新機能に関する情報提供
AWSの新機能に関する情報提供

随時追加されるAWSの新機能について、JIG-SAW OPSでの検証結果や活用メリットなど最適なAWS活用のための情報をご提供します。

AWSの利用コスト最適化
AWSの利用コスト最適化

ご利用を継続されるAWSコストの妥当性や最適化をお客様視点でご提案いたします。

セキュリティ情報の配信
セキュリティ情報の配信

AWSに関するRSSや脆弱性情報などをいち早く配信し、対象システムのパッケージなどをご連絡いたします。

SUPPORT 04
サイバーリスク保険が付帯

ご利用中のシステムやサービスに障害が発生したり、サイバー攻撃による個人情報の流出などによってエンドユーザーに対しての損害が発生した場合にその補償を受けられる「サイバーリスク保険」がJIG-SAW OPSが提供するクラウドサービスを利用している契約全てに自動付帯しています。

詳しくはこちら

お客様のご要望に合わせて
最適なご提案をいたしますので、
AWSの監視・運用にお困りの方は、
お気軽にご相談ください。