OPS

AWSの無料診断サービス「JIG-SAW CAMP」

AWSの無料診断サービス「JIG-SAW CAMP」を使ってみる

2021.09.24

本記事のポイント

AWSの診断サービスを利用しているけど、診断結果を見ても具体的な対処法が分からない…といった方には、何度でも無料でAWSのコストパフォーマンス、安定性、可用性を診断し、改善方法の提案まで行えるJIG-SAW CAMPがおすすめです。

本記事では、JIG-SAW CAMPの使い方をご紹介します。



はじめに

世界中で利用されているAmazon Web Services(以下、AWS)ですが、詳しくない方でも手軽に利用できる分「システムの動作が遅い気がするけど、どうすれば良いか分からない」「システムの可用性が、高いのか低いのかよく分からない」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

無料の診断サービスを利用しても、診断結果が英語で表示され「結局なにがダメなのか分からない」「改善すべき点は分かったけど、実際どうすれば良いか分からない」とお悩みの方には、AWSを無料で診断して、改善方法まで表示される便利サービス JIG-SAW CAMP がおすすめです。

今回は、そんな JIG-SAW CAMP をまだ使用したことがない方に向けて、実際の診断画面をご紹介したいと思います!

AWS無料診断 登録画面(JIG-SAW CAMP)

> AWS利用料 今なら6%OFF – 利用中の方も、アカウント移管だけで割引適用

> AWSの監視・障害対応・運用保守を一括代行!

アカウントを作成(約1分)

まずは JIG-SAW CAMPのサイト にアクセスします。トップページにすぐサインイン用のフォームが表示されているため、アドレスとパスワードを入力して「サインアップ」をクリックします。

JIG-SAW CAMP アカウント登録

入力したメールアドレス宛に認証メールが届くので、届いたメールに記載のURLをクリックします。クリックすると認証完了の画面が表示されるので、「AWSアカウントの連携に進む」というボタンを押します。

JIG-SAW CAMP アカウント登録

> AWS利用料 今なら6%OFF – 利用中の方も、アカウント移管だけで割引適用

> AWSの監視・障害対応・運用保守を一括代行!

AWSのアカウントを登録(約3分)

次は、ガイダンスに沿ってAWSのアカウントを登録を行います。
まずは赤いボタン、「AWSアカウントを追加」をクリックします。

JIG-SAW CAMP AWSアカウントの登録

診断を行いたいAWSのアカウントにログインした状態で、「IAM Role」を作成を選択します。この際、AWS CloudFormationを作成をするので、特別権限を持つアカウントでログイン しましょう。

JIG-SAW CAMP AWSアカウントの登録

次に、スタックのExternalId・AWSAccountId(JIG-SAW CAMPのIDです) とコンソールのIDが一致している事を確認し、「スタックの作成」を選択します。

JIG-SAW CAMP スタックの作成

AWSアカウント追加が、ステップ2まで終わりました。「次へ」をクリックします。

JIG-SAW CAMP 機能 JIG-SAW CAMP アカウント追加(ステップ2)

画面に記載の対応を行い、「次へ」をクリックします。

JIG-SAW CAMP アカウント追加(ステップ3)

ステップ4の画面にきました。AWS CloudFormationの画面にて、スタックの画面が「CREATE_COMPLETE」になった事を確認し、各情報を控えておきます

JIG-SAW CAMP アカウント追加(ステップ4) JIG-SAW CAMP(CREATE_COMPLETEを確認)

必要情報を入力したら、「連携を開始する」を選択します。これで、AWSのアカウント登録は完了です。

JIG-SAW CAMP アカウント追加(ステップ5)

> AWS利用料 今なら6%OFF – 利用中の方も、アカウント移管だけで割引適用

> AWSの監視・障害対応・運用保守を一括代行!

診断の開始(約20分)

上述の「連携を開始する」を選択すると、以下の様に診断中の画面に遷移します。診断完了まで時間がかかるので、他の仕事をしてしばらく放置します。

JIG-SAW CAMP 診断画面

診断する方のAWS環境によりますが、筆者の環境では、約20分程度で診断が完了し、以下のようにスコアが表示されました!

JIG-SAW CAMP 診断画面(トップ)

コストパフォーマンス、安定性、可用性の3点で診断結果のスコアが表示されます。セキュリティについて気になった場合、そのままセキュリティ診断の申し込み(問合せ)ができます。

JIG-SAW CAMP 診断画面(各項目の評価)

診断結果は、「すぐに対応が必要」「できれば対応」「すぐに対応する必要はない」ものなどがパッと見で分かりやすく表示されています。

JIG-SAW CAMP 診断結果

診断結果だけではなく、具体的にどこを見直せばいいかも表示されるため、AWS初心者の方でも安心です。もし診断内容や解決方法で分からない点があれば、そのままAWSの専門家に相談も可能です。(別途費用)

JIG-SAW CAMP アドバイス

まとめ

いかがでしたでしょうか。
AWSの診断サービスを利用しているけど、「診断結果を見ても具体的な対処法が分からない…」 といった方にはおすすめです。何度でも無料で利用できるので、まずは使ってみることをおすすめします。

最後に余談ではありますが、当社ではAWSやGoogle Cloud、Microsoft Azureなどの各種マルチクラウドやオンプレミスのシステムの監視・運用を代行するサービスをご提供しています。気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談ください!


> AWS利用料 今なら6%OFF – 利用中の方も、アカウント移管だけで割引適用

> AWSの監視・障害対応・運用保守を一括代行!