OPS

AWS導入事例を3社ご紹介 費用やメリットが丸わかり!?

2020.10.21

2020.10.21

本記事のポイント

当社でサポートをさせていいただいた実際の導入事例を3社ご紹介させていただきます。

事例1:ECサイト運営企業

AWSの導入でコスト削減に成功

一番の理由はサーバーの管理コストを削減するためでした。メンテナンスやスケールアップなど、面倒で大変な作業に時間を割いてしまっており、これを生産性のある他業務に使いたいと考えていました。

AWSは必要に応じてシステムの冗長化、サーバーのスペック変更、バックアップの増減などが簡単に出来ます。ECサイトの規模に応じてスケールできるので、管理コストだけでなくサーバーコストも削減することが出来ました。

テレビ紹介やセールなどでサイトにアクセスが急増するような場合でも、期間を指定してサーバースペックを変更することが出来ます。コストだけでなく、安心してイベントを迎えることができるようになりました。

仮想デスクトップでEC運用業務も効率化

AWSにはAmazon WorkSpacesという仮想デスクトップサービスがあります。これを利用することで社内にある物理PCと同じ設定、環境を仮想環境で構築することが出来ました。ECサイト運営では季節によってスタッフの増減があり、その度にキッティング作業が発生していたのですが、Amazon WorkSpaces上に設定済みのイメージを保存しておくことで、この作業を大幅に削減することが出来ました。

こういった新しい取り組みをスピーディーに実施できるのもAWSの強みだと思います。

事例2:工事管理システム提供企業

物理サーバーの保守が切れるタイミングでAWSを採択

AWSを採択する前はオンプレミス環境でシステムを運用していました。しかし機器の保守期限が迫る際、そのリプレース作業が大きな負担になっていました。またキャパシティプランニング(どの程度のサーバーリソースを確保すれば次回更新まで問題なく運用できるか)がとても難しく、余裕を持ったリソースを用意するため無駄なコストも発生していました。

そのためもっとも利用実績の多いAWSを採択してクラウド化を検討する事にしました。

パフォーマンスが劇的に向上

導入直後はログインタイムを中心にパフォーマンスを監視していました。オンプレミスでは平均8秒かかっていたものが5秒に短縮されました。15秒以上かかることも多くパフォーマンスにばらつきがあったのですが、それも解消され安定したパフォーマンスになりました。

導入直後はスペックの高いインスタンスを使っていたのですが、安価なインスタンスで検証したところ十分なパフォーマンスであることが分かり、更にコストを削減することが出来ました。こういった検証も簡単に行える点が素晴らしいと思っています。

事例3:音楽配信サービス提供企業

完全なオートスケールを目指して

AWSを採用した一番の理由は、サーバーキャパシティの増加に自動対応できるオートスケールです。将来的には数千万曲の配信を目指していましたが、すぐにそれだけの数が集まるわけではありません。またユーザー数や配信曲数が月次でどのように増えるかなど、必ずしも予定通りにいくとは限りません。そんな中でどんなタイムスケジュールでサーバーを増強していくかが最大の悩みでした。オンプレミスではハードウェアを購入した瞬間から陳腐化が始まりますので、なんともしてもクラウドを利用する必要がありました。

最終的にサーバーを何十台も用意してAmazon CloudWatchでオートスケールの仕組み全体を監視するようにしました。

最終的な監視は代行サービスを利用

実はCloudWatchで監視する仕組みは自社で作ったわけではありません。AWSを自社運用した場合、障害やトラブルが発生した事例は数多くあります。やはり餅は餅屋、専業のサービスベンダに依頼をすることが一番効果的、効率的だと思いました。

代行サービスを利用するメリットは技術力、ノウハウだけではありません。自社運用では難しい24時間365日の監視を依頼することができますので安定したサービスをユーザーに提供することが出来ます。この選択は成功で2年間トラブルが起こることなく運用を続けられています。

もっと沢山の事例はこちらから

以上、業界業種に応じたAWSの事例3選でした。

もっと多くの事例も紹介していますので AWS17社の事例 も ご覧ください。

業界、業種別にそのほかの事例も数多くございます。

JIG-SAW OPS にお問い合わせいただければ、より多くの事例をご紹介させていただきます!