OPS

【大変なAWS移行は外注しよう!】 外注する3つのメリット

2020.10.21

2020.10.21

本記事のポイント

オンプレミスからAWSへ移行する際に自社で実施したほうが良いか、外注したほうが良いかを説明しています。

AWSへの移行は自社だけでは難しい?

今や新規のシステム構築ではAWSやGCP、Azureなどのクラウドを必ずといっていいほど利用します。それだけでなく、昔からオンプレミスで稼働している業務システムや基幹システムなども徐々にクラウドへの移行が進んでいます。

オンプレミスの保守が切れるタイミングを見計らって、よりコストメリット・運用メリットのあるクラウド以降を検討する方が多いようです。現在付き合いのあるベンダーにそのままクラウド移行を依頼するケースも多いと思いますが、必ずしもそのベンダーがAWSに明るいとも限りません。

今回はAWS移行で問題になるポイントをもとに、自社やベンダーに依頼する際の注意点などを紹介していきたいと思います。

メリット1.確実に移行してくれる(一部システムを除く)

AWSへの移行は簡単なことではありません。利用できるサーバーやネットワーク、OSやソフトウェアのバージョンに制限があるため、現在のオンプレミスと同等の環境を構築できるとは限りません。まずは現在のサーバーやアプリケーションの構成、非機能要件などを洗い出すことからはじめ、同等のものをAWSで構築できるかを検討する必要があります。主に下記の視点で検討を行います。

・AWSへ移行可能な要素の調査(OS、ネットワーク、ソフトウェア、構成など)

・移行後の影響(コスト、運用、アプリケーション、外部システムなど)

非機能要件(可用性、運用、キャパシティなどの数値)

こちらにより詳しい内容も記載しています。AWSには膨大な数のサービスやドキュメントがあり、知見が浅いと思わぬ落とし穴にハマることもあります。ほとんどの方が期限付きでAWSへの移行を計画しているため「確実に予定通り」というのは大きなポイントです。またAWSにはオンプレミス→AWSへの移行をサポートするツールも用意されています。こういったツールを使って確実に移行してくれるはずです。

メリット2.費用が安く済む

ベンダーに依頼すると移行・設計に関してそれなりの初期費用がかかりますが、長期的に見るとコスト安になる可能性もあります。AWSには数多くのサービスがあり、今までミドルウェア、サードパーティのソフトウェア、ツールなどで実現していた様々な機能をより安価に実現できるようになります。下記はAWSで提供されているサービスの一例です。

・EC2(仮想マシンを作成、実行できるサービス)

・Lambda(サーバーレスでコードを実行できるサービス)

・S3(仮想ストレージサービス)

・RDS、DynamoDBなど(サーバー不要のデータベースサービス)

・VPC(仮想ネットワークサービス)

・CloudWatch(サーバーのリソースやアプリケーションのモニタリングサービス。異常検知、ログ、通知など)

・IAM, Cognito(ユーザーアカウントの管理や権限設定)

機能の存在や使い方を知らずにオンプレミスの環境をそのまま移行するだけですと、本来であればもっと節約できたはずのコストが圧縮出来ません。こういったシステム構成とそれにかかるランニングコストをセットで提案してくれます。

メリット3.その後の運用保守を任せる事ができる

オンプレミスと比べればハードウェアの管理が不要となるため運用保守はずっと楽になりますが、依然としてサーバーやアプリケーションの監視は必要になります。監視の対象や範囲などは上記のAWSサービスの利用状況にも左右されるため、移行ベンダーに一任したほうが確実です。

詳しくはこちらで説明していますが、監視やその後の障害対応についても考えることが山程あります。AWSの移行にあたっては、事業者側としてはアプリケーションの移行計画やシステム利用者の影響を中心に検討時間を使いたいため、こういった運用保守はなるべく専業者に任せたほうが無難です。

どんな業者に依頼したら良い?

まずは現行のオンプレミスの構築、運用保守をしているベンダーに問い合わせてみてください。現行のシステム構成を理解しているためそれが一番確実かと思います。

自社で運用保守をしている場合は新規に移行ベンダーを探すのが良いです。その際は構築だけでなく、運用保守も実施しているベンダーを採択すると、後々トラブルがありません。当社ではいずれも対応しておりますのでまずは移行からご相談ください。

JIG-SAW OPS AWS移行サービス

JIG-SAW OPS AWS運用・監視サービス