ソリューション

システム運用の負荷軽減

JIG-SAWでは、お客様のご要望に合わせて物理サーバやネットワーク機器の選定、キッティング、ラッキング、ケーブリング、構築、移行、データセンターラック管理、サーバ運用までご提案をさせていただきます。 実際のラック契約はお客様側の場合でも、それ以外のご提案をさせていただきます。

サイトの不具合やページ遷移を自動チェックするサービスで 未然に防ぐこととエラーキャプチャ取得で原因調査もできます。

ページの遷移やフォーム入力などユーザが利用するものは、監視システムを入れているだけではアプリケーションの障害を検知することができません。Webサイトのページ遷移やフォーム入力、商品購入などの一連のシナリオを1日288回人間の代わりにロボットがコンテンツをチェックするサービスがあります。
エラー時にはキャプチャを取得してメール通知でエスカレーションします。

障害のアラートを減らしたい。不要なアラートかどうかもわからないので、監視設定を見直してほしい。

不要なアラートをフィルタリングして、必要な障害アラートのみ通知、対応 することができます。

ZabbixやNagiosからのアラートメールが、大量に発生しているけど手が付けられない、どれが必要なアラートかわからない、など運用負荷を減らすために弊社の監視システムのpuzzleでアラートのルール付け、アラートに紐づくフロー化をすることで単純なアラートは激減します。

他社で構築した環境で手順書や情報が無いが、サーバ運用代行をお願いしたい

JIG-SAWのソリューションで運用代行いたします。

他社が構築した環境においても、システムの環境を調査し、手順書作成やバックアップ手順の作成など一から作り直すことが可能です。
また運用代行を優先的に進める場合は、サーバ監視を先行して開始し、運用手順の整備やフローの確定も順次優先度を決めさせていただき、安定稼働に向けて調整いたします。

Oracleで動いているシステムがあるが運用をアウトソースしたい

JIG-SAWのOracleエンジニアが運用代行します。

JIG-SAWでは、商用ミドルウェアの運用代行もエンジニア対応します。Oracleのアプリケーション監視、DB再設計、チューニングなど大事なシステムを専門エンジニアがサポートします。
Oracle以外にもDB2、Sybase、Windows SQLなど原因調査や製品メーカーへの調査代行などサポートを実施します。

課題別ソリューション

お問い合わせはこちら

  • メールフォームでのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

03-62626-5160