ソリューション

人員不足、体制変更

システムの担当者が急きょ退職することになったが、すぐに運用委託したい。

システムの担当者が急きょ退職することになったが、すぐに運用委託したい。

システム担当者の退職により、急きょシステム運用の社内体制を作ることはよくあります。システムに関わる知識や作業ができる社員をそろえることができないため、システム運用部門を丸ごとアウトソースすることが可能となります。

システム担当者の退職により、急きょシステム運用の社内体制を作ることはよくあります。システムに関わる知識や作業ができる社員をそろえることができないため、システム運用部門を丸ごとアウトソースすることが可能となります。

監視設計の見直しや手順書作成を代行します。

構築期にパラメータシートや構築手順書を作成しない、または外部委託業者からの納品がなかったなど、後になって運用手順書や復旧手順書が必要になることがあります。
JIG-SAWでは、構築や設計の多くの実績から見やすく使いやすいドキュメントをお届けするサービスでお客様の監視体制の構築をサポートいたします。

サービスが24時間365日ダウンを許されない要求のため運用の体制を作りたい。

サーバエンジニアが24時間サポートしますので復旧もスムーズで安心。

独自の教育を受けたサーバエンジニアが24時間サポートしますので、障害時の対応レベルや障害対応の深さなどお客様のご要望に合わせてサポート体制を構築いたします。

障害の原因がわからない。同じ障害アラートが連発し手が回らない。

障害のボトルネック調査で根本原因を究明します。

Linuxであれば、システムの構成、設計を確認させていただき、OSのカーネル調査、データベース(MySQL、PostgresSQLなど)のクエリの調査、ログ調査などボトルネックの調査で原因の特定の調査をいたします。
その結果内容についてはレポート形式で報告をいたしますので、対策や傾向分析にもお役立ちができます。

対面で日々の運用課題や今後のシステム運用の進め方を相談したい

プロジェクト管理者による対面訪問や定例会の実施でビジネスの課題を エンジニアが技術解決します。

JIG-SAWでは、東京本社にプロジェクト管理部門があり、お客様の根本課題や技術上の懸念や業務計画などご相談を受ける窓口を用意しております。
定期的に訪問する中でサポート品質や課題をヒアリングさせていただきます。
またサービスの中で定例会を実施することで障害や運用上の分析報告をすることも可能です。

課題別ソリューション

お問い合わせはこちら

  • メールフォームでのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

03-62626-5160