システム監視・運用
自動運用サービス(Auto management)

システム運用でこのような課題はありませんか?

  • 体制確保

    自動でよいので、正確に警報通知してくれる仕組みがほしい

  • 業務負荷軽減

    既存システムの監視委託コストを削減をしたい

そんなお悩みを持つ事業者さまに

システム運用は自動化することで、もっとスマートになります。

お客様のITシステムの稼働状況のデータ収集、アラートメールフィルター、通知、一次切り分け、障害復旧、予測保守、 キャパシティプランニングをすべて自動化するサービスです。
独自AIエンジンと人工知能を活用し、業務の高速化、システムの効率化、コスト削減の付加価値をご提供いたします。 大規模なシステム環境をお持ちで自動化を進めたい方や大量のアラートで重要なメールを切り分けしたい方などにおすすめです。

JIG-SAW独自開発の運用自動化プラットフォーム「PUZZLE」の概要

  • 収集(エージェント/エージェントレスサーバー/PUZZLEメールシステムなどから)
  • 学習:機能学習/深層学習/現状評価(リソースアセスメント/警報メールの自動作成・設定)
  • 識別/判別(手動/自動設定された警報メールによるデータの識別と学習データによる判別)
  • 報告/連絡/指示(オートメール/オートコール/予め設定された対処法をもとにした作業指示)

ご利用のお客さまの声

ECサイト運営会社
開発担当者

キャンペーンの多いECシステム基盤の24時間体制の確保

急なコマーシャルやセールの対応によるシステム障害によるサービス停止のインシデントが立て続けに発生し、クライアントの売上に影響が出てしまっていました。
これ以上の障害によるサービス停止は、信用問題に直結するため、24時間365日の監視・運用体制が必須な状況でした。
しかし社内の限られたリソースでその体制を構築することは非常に困難であり、専門の会社にアウトソースする必要性がありました。
JIG-SAW社の有人監視サービスを利用することで、24時間365日の監視体制を早期に確保することができました。

ソーシャルゲーム運営会社
アプリケーション担当

100万DAUのソーシャルゲーム基盤の運用・保守のアウトソーシング

社内に専任のインフラエンジニアがおらず、サービスリリース後のシステム障害対応や運用業務に非常に大きな負荷がかかっていました。
JIG-SAW社の場合、監視業務だけにとどまらず、OSやミドルウェア、アプリケーション領域まで踏み込んだサポートを受けることができ、 大きな負荷軽減につながっています。また何かあったときに、システムのプロフェッショナルに相談できる、という安心感も非常に嬉しいポイントです。

自動運用サービスの特徴

アラートフィルター機能で無駄なアラートを削減

システムから発生する大量のアラートメールと必要なアラートを識別するのは多くの手間と時間がかかります。アラートフィルター機能ではメール一通ごとにステータスを割り当て、対処が必要なメールと不要メールを判定します。判定はメールに含まれる文言や、時間帯、メールの流通量等で行います。サーバーから送信されるメールに限らず、サーバー監視システムから送信されるメールなど、メールであれば判定が可能です。適切なルールと条件を設定し、重要度、緊急度を選別します。ルールに従って、時間帯別、担当者別、アラート別に、ユーザー指定先のメール、コール、チャット(Slack、Chatwork、HipChatなど)に自動通知します。

AIによる自動監視・復旧で運用負荷軽減

システムの障害が発生した際に、通知、判断、処理のルールと定義に沿って、障害の検知、判断、処理を独自AIノウハウによって、自動調査、自動復旧、実行した処理の結果の通知までを自動化することで、迅速な障害復旧とサービス稼働を安定維持するサービスです。運用担当者様の負荷軽減と人で作業する必要がないものをすべて自動化します。

自動障害対応例

  • Webサーバーにアクセスが出来ない
  • サーバーのプロセスを確認
  • Apacheが落ちていることを確認
  • Apacheを再起動
  • ディスク容量が高い
  • ディスク使用量を調査
  • ログファイルが大量に吐かれている
  • 担当者に指示を仰ぐ
  • CPU使用率とメモリ使用率が高い
  • ネットワーク使用率も通常より高い傾向にある
  • アプリケーションへのアクセス過多の
    可能性を担当者へ示唆
  • ロードアベレージが高い
  • サービス用のアプリケーションのCPU/
    メモリ使用率が極めて高い
  • アプリケーションのバグ/
    アクセス過多などを担当者へ示唆

障害予測保守で障害回避

機械学習や深層学習でサーバーログデータ(ビッグデータ)を学習データとしてデータの特徴的な動きを学習させ、予兆します。当初は機械学習ベースでモデル形成していきますが、徐々に深層学習(DeepLearning)に切り替えていきます。
実施の障害が起きる2時間前(時間は指定可能)に予測フラグを送ることで事前に障害を回避するサービスです。

puzzle

障害の事前検知

事前回避行動の指示

障害予測のグラフ送付

ご担当者様

事前対応による
トラブル回避

お客様システム

24時間365日

自動アセスメント機能で構成変更が容易

膨大なサーバー数をお持ちの方でシステムのスペック管理や変更検討などに手が回らない方、サーバーやネットワーク機器のシステムに関するノウハウをお持ちでない方にも活用しやすいおすすめのサービスです。
具体的には、キャパシティプランニングや監視項目の自動設定、類似サーバーの設定のレコメンド、サーバーリソースの自動判断、適正リソースのレコメンドなどをビッグデータを活用して自動でご提案します。

アセスメント事例① > サーバーリソースのアセスメント(評価)

障害が頻繁に発生しているサーバーのログデータを弊社ルールにカテゴリ適用し、カテゴリされた場合、予め設定した対処法をお送りします。

アセスメント事例② > 監視設定(警報のしきい値)のアセスメント(評価)

各サーバーの用途 / ミドルウェア / OS / 監視項目 / 監視設定ごとにカテゴリ分けしておき、対象サーバーをカテゴリモデルに適用し、カテゴリされたグループで共通している性質を監視設定例としてお送りします。

セキュリティ攻撃の可視化機能で安心

サーバーに受けるサイバー攻撃をリアルタイムに検知と可視化するサービスです。
SQLインジェクション、OSコマンドインジェクション、ブルートフォースアタックなど、サーバーに侵入する脆弱性をリアルタイムモニターで確認することで、サイバー事故によるサービス停止や機会損失などから未然に防ぐことで安定したサービス維持の対策が可能となります。

puzzleをご利用のすべてのお客様いただけるサービスとなります。
GUIモニター(ご利用ユーザ向け)のセルフポータルからご利用いただけます。
puzzleエージェントを対象システムにインストールさせていただく必要があります。

サービス導入までの流れ

  • お客様
    1. ヒアリング

    お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡いただき、ご訪問させていただき、詳細にヒアリングさせていただきます。

  • JIG-SAW
    2. お見積り

    お客様のプランに合わせてお見積り・ご提案をさせていただきます。

  • お客様
    3. ご契約

    弊社書式の発注書をお送りしますので、ご記入、ご返信いただきます。

  • JIG-SAW
    4. 設定作業

    通常7~14営業日程度(※)
    最短1営業日より可能
    ※お客様のご要望により日数が変動いたします。

  • お客様
    5. ご請求

    月末締めの請求分を翌月末までにお支払いとなります。

よくある質問

物理サーバーとネットワーク機器も運用委託できますか?
物理サーバーまたは仮想サーバーのどちらも可能となります。
マネジメントポイントを選ばないサービスとなります。
例えば、物理サーバーやルータの機器選定からサイジング、データセンターの運用代行まで対応いたします。
仮想環境(VMwareやHyper-Visorなど)も設計や環境構築からサポートいたします。
急にインフラ担当が退職することになったので、運用保守を委託したいのですが、最短でどのくらいで代行できますか?
基盤や状況によりますが、最短1営業日~対応いたします。
暫定での引き継ぎ、要件の整理、手順の有無、監視システムの稼働状況など、優先順位とスケジュールを決定いたします。
すでに稼働しているシステムの運用は委託可能ですか?
可能です。
例えば、手順が無い場合、手順作成や内部フロー作成など運用体制を構築するなど、「運用の見える化」といった業務がスムーズに回るための支援をお手伝いさせていただき、お客様のご要望に合わせて最適な運用代行サービスをご案内いたします。
運用委託の対応できるOSを教えていただけますか?
Linux(CentOS、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Server、Amazon Linux、Debianなど)と、Microsoft Windows Server(2008、2012)に対応しています。
構築納期はどのくらい時間がかかりますか?
ご依頼いただいて当日お引渡しできる自動構築サービス(Amazon Web Serviceに限る)をテンプレート化されたサービスをご提供が可能です。
それ以外のクラウドサービスについては、2営業からお届けが可能です。
お客様のサービスや要件によってスケジュールをご案内いたしますので、担当営業にご相談ください。
Zabbixでの監視もしていただけますか?
お客様がお持ちまたは構築のZabbixの運用代行も可能です。
また、Nagios、Hinemos、Datadog、Newrelicなどの監視システムも利用可能となります。
なお、弊社開発の監視システムpuzzle自身がお客様の監視システムを監視することで監視の二重化が実現できます。
監視の通知方法はどのような方法でしょうか?
お客様のご指定の障害アラートごと、時間帯ごと、ご担当者をお知らせいただき、メール、電話、チャット(Slack、HipChat、ChatWorkなど)でご連絡いたします。
監視レポートはもらえますか?
弊社システム「puzzle」の場合は、自動で監視の負荷状況が可視化できるレポートをお客様自身でレポートを専用サイトよりダウンロードが可能です。
1年以上の保存期間もお客様のご要望で長期閲覧も可能となります。(別途有償)
また、お客様のお持ちの監視システム(Zabbixなど)のレポートにつきましては、担当営業に個別にご相談をください。
自社が構築したシステムの運用代行をお願いできますか?
可能です。
環境を調査させていただき、運用代行をお引き受けします。
puzzleの特長について教えてください。
ジグソーの独自開発したpuzzleは、お客様の稼働しているシステム環境の正常性を自動監視するサービスとなります。
主に障害検知時のメール通知、チャット通知、電話連絡を自動で実施します。
お客様の要件に合わせて自動でシステムにログイン、コマンド実行までも可能となりますので、運用業務の人的負荷軽減および運用委託コスト削減を
することが可能となります。

導入実績550社、70業種、数万台のサーバー運用

JIG-SAWは、550社を超える企業より選ばれております。 導入企業は、一部上場企業から中小企業までシステム規模によらず、 企業の課題や要件をヒアリングさせていただき、取引形態に応じ、 これまで培ったフレキシブルなノウハウをご提案いたします。

また、70業種以上のユーザ様の各業種の分類と特性を分析し、その業種ごとのナレッジやサービス事例など情報提供やご提案をさせていただくことで、お客様が運用されている システムの安定稼働につなげます。

仮想化が進む中、サーバー台数という概念はもはやなくなってきており、 システムの統合管理をどのように効率化していくかを定義し、 システム管理者へのサポートをいたします。

お問い合わせはこちら

  • メールフォームでのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

03-62626-5160