プライベートクラウドサービス
セキュアで柔軟なプライベートクラウド環境をご提供。
導入から設計、移行、構築、運用まで一括代行。
豊富な経験で確かなクラウド環境をご提供します。

プライベートクラウドの移行でこの様なお悩みはありませんか?

ライセンスなどの問題で、社内のシステムをすべてクラウド化することが難しい。,クラウド化によるセキュリティレベルの低下が心配。,クラウド化した後に管理・運用できる人材が社内にいない。,クラウドになっても自由にシステム設計できる環境が必要。

セキュアで柔軟なスペック仕様のプライベートクラウド環境を提供します。

プライベートクラウドサービスは、IDCフロンティア社のデータセンター内に構築するプライベートクラウドサービスです。高度なセキュリティとアプリケーションの仕様要件を満たせる独立した環境をご用意いたします。また。IDCフロンティアが提供するIDCFクラウドサービスをハイブリットに利用することで、サーバーリソースの自由度が高く、ランニングコストも柔軟に変動できることが可能なサービスとなります。

IDCFデータセンター白河:

プライベートクラウド利用環境

IDCFクラウド:

パブリッククラウド利用環境

Nutanix:

サーバーシステムとSANストレージの同居型の仮想化基盤サービス

プライベートコネクトサービス:

ネットワーク内部でクラウド間を接続するサービス

ファイヤーウォール:

クライアント型VPNおよび拠点間VPN用ネットワーク機器

IDCF 北九州:

DR(災害復旧)用データセンター環境

VPNルータ:

IDCF北九州 DR(災害復旧)用ネットワーク機器

GUIモニター:

お客様環境用接続及び監視システムモニター

プライベートクラウドサービスの特長

  • セキュリティ性の高い
    クローズド環境

    専用の環境のため、他ユーザの利用による影響を受けず安定しており、ネットワークも専用回線を引くため、セキュリティ性の高い基盤の提供をします。

  • 仮想サーバによる自由
    なネットワーク設計

    通常のクラウドサービスで用意されるNICの数は2つから3つのため、ネットワーク設計を考慮する必要がありますがJIG-SAWのサービスは、ネットワークの制約を受けず、比較的自由な設計が可能となります。

  • シンプルで高性能な
    仮想OSで簡単運用

    VMwareのスイッチやストレージの設定が自由になります。また、CloudStackを使わずESXiで管理することで、ストレスなく運用が可能となります。

  • パッケージ利用で
    迅速導入

    Nutanix社の拡張性の高い仮想化環境を構築するプラットフォームを採用して、システム構成をパッケージ化することで、導入期間短縮と設備初期投資を抑えることが可能です。

  • コストを抑えた
    ストレージ導入

    各VMwareにアタッチする仮想ディスクも自由に設計が可能です。それにより、仮想基盤に割り当てる物理ディスクの構成まで設計することが可能です。

  • 初期投資不要の
    商用ライセンス設計

    自社で設計したい商用ライセンスを利用することが可能なため、ハードウェアに適したライセンス設計が可能となり、無駄なライセンス購入など初期投資もかけずに済みます。

  • システムのマルチ接続
    で運用負荷を軽減

    既存のデータセンターやお客様のオフィス、または他のクラウドサービスのデータをマルチに接続が可能で、また1つに集約することができるので、運用負荷も軽減します。

  • 移行から運用保守まで
    ワンストップ対応

    データ移行(P2V、V2V)やシステム設計、ファシリティの選定、ライセンス提供、サーバー構築などナレッジ化されたJIG-SAWの高品質なサポートでご提案いたします。

    詳細を見る

プライベートクラウドサービスの概要

JIG-SAW
プライベートクラウド
ホステッド型
プライベートクラウド
パブリッククラウド
サーバーリソース 専有 専有 共有
ネットワーク クローズド/インターネット クローズド/インターネット インターネット
商用ミドルウェアの自由度
ストレージ設計の自由度 ×
ESXの管理権限 × ×
マルチクラウド ×
集中管理 ×
DR・BCP
メンテナンス時期 ユーザ 事業者 事業者
初期構築 ユーザ ユーザ ユーザ
インフラ運用 ユーザ クラウド事業者 クラウド事業者
初期コスト
月額コスト 環境依存 環境依存

ご利用のお客さまの声

大手モバイルコンテンツ運営会社 システム担当者

数百台の大規模なクラウド移行から、移行後の運用保守までワンストップで課題解決

I/OやSSDなど高い性能を自由に設計できるオンプレミスの環境と、コストの観点から必要な時に必要な分だけ利用できるクラウドの両立が必須でした。 拡張性とネットワークの品質、高いセキュリティを満たすことのできるプライベートクラウドに移行することを決めました。
数百台のサーバーを最低限の停止期間で移行する必要がありましたが、移行支援~移行後の運用保守までワンストップでJIG-SAW社に委託することで、移行前の環境と比較し、システム運用コストを半減することができました。

サービス導入までの流れ

  • 要件定義

    お客様とお打ち合わせ、現状環境の調査を行い、移行の要件、条件の決定等を行います。

  • 設計

    移行計画の策定、基本設計、詳細設計、運用設計を行います。

  • 構築

    移行作業を行います。
    新規クラウド基盤構築、P2V/V2V、データ差分修正 、ミドルウェア設定情報の修正 他

  • 試験

    単体試験/結合試験、障害を想定した運用試験、切替試験を行います。

  • 切替

    システム切替を行います。
    要件定義~システム切替まで、6~9ヶ月程度が標準となります。

よくある質問

導入するメリットは何でしょうか?

パブリッククラウドで満たせない要件を可能にします。
例えば、ネットワークを専有にすることで、他社からのネットワークの影響がでることがなくなります。また、ストレージの制限やデータベースのパフォーマンス、アプリケーションの性能は、プライベートクラウドでの環境がより優れております。

プライベートクラウドの費用はどのくらいかかりますか?

個別にお見積りいたしますので、営業担当にご確認ください。
また、お客様の要件に合わせて、システムの設計をいたします。
概算の予算についてはお見積りさせていただきます。

当社のご紹介 JIG-SAW株式会社 / JIG-SAW INC. JIG-SAWは、IoTやクラウド基盤に最適な技術やナレッジをベースに、
データコントロールの仕組みとフルマネージドサービスであらゆるサービスを安定稼働で支えます。2015年4月に東証マザーズ上場。現在550社数万台のサーバー運用を行っています。

お問い合わせはこちら

  • メールフォームでのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

03-62626-5160