マネージドBluemix Infrastructure

Bluemix Infrastructureの運用でこのようなご要望はありませんか?

  • Bluemix Infrastructureに移行したいが、移行作業や移行後の運用ができるエンジニアが社内にいない

  • Bluemix Infrastructureで稼働しているサービスを止めたくないので、24時間365日監視してほしい

  • パブリッククラウドだけでなく、ベアメタル、プライベートクラウドも統合運用したい

  • Windowsを使っているので、Hyper-Vを利用したい

  • Bluemix Infrastructureのグローバルネットワークを利用して海外拠点との通信をシームレスにデータ連携したい

そんなお悩みを持つ事業者さまに

IBM Bluemix InfrastructureのソリューションパートナーであるJIG-SAWが、
24時間365日の監視、障害対応、運用保守までをワンストップでサポート!

JIG-SAWは、IBM Bluemix Infrastructureのソリューションパートナーです。
※IBM Bluemix Infrastructureのロゴは日本アイ・ビー・エム株式会社. またはその関連会社の商標です。

IBM Bluemix Infrastructureは日本アイ・ビー・エムが提供するパブリッククラウドサービスで、 「ベアメタル(物理サーバ)」・「パブリック・クラウド」・「プライベート・クラウド」 の 3つの環境を提供しており、共通のインターフェースからお客様の業務に応じて適材適所で最適な サーバを選択する事が可能です。 またIBM Bluemix Infrastructureは世界中にDCを開設しており、 グローバル展開されているお客様、これからグローバル展開を検討しているお客様のインフラをサポートしております。 各拠点のデータセンター間は10Gpbsの広帯域のネットワークで繋がっているので、海外拠点のデータセンターでも まるで国内のデータセンターのイメージで利用することが可能です。

マネージドBluemix Infrastructureをご活用いただくことで、
お客様は本来のビジネスに集中できます。

マネージドIBM Bluemix Infrastructureでは、 24時間365日の監視、障害対応、運用保守までワンストップでサポートされた、フルマネージド型でIBM Bluemix Infrastructureを ご利用いただけるサービスです。運用ノウハウをお客様ご自身で蓄積する手間と時間をかけることなく、IBM Bluemix Infrastructureの サービス利用・運用における負担を軽減し、IBM Bluemix Infrastructure利用のメリットを最大限に引き出していただくことができるようになります。 日次バックアップやセキュリティ対策、障害復旧、各種設定変更など、システム導入後の運用も、24時間体制でJIG-SAWのエンジニアがサポートすることで、 貴社のビジネスの加速に貢献いたします。

ご利用のお客さまの声

ECサイト運営会社 開発担当者

キャンペーンの多いECシステム基盤の24時間体制の確保

急なコマーシャルやセールの対応によるシステム障害によるサービス停止のインシデントが立て続けに発生し、クライアントの売上に影響が出てしまっていました。
これ以上の障害によるサービス停止は、信用問題に直結するため、24時間365日の監視・運用体制が必須な状況でした。
しかし社内の限られたリソースでその体制を構築することは非常に困難であり、専門の会社にアウトソースする必要性がありました。
JIG-SAW社の有人監視サービスを利用することで、24時間365日の監視体制を早期に確保することができました。

マネージドBluemix Infrastructureの3つの特長

マネージドBluemix Infrastructureは、お客様の大事なシステムをお預かりする上で、最適な監視設定と運用設計をご提供します。お客様の本来のビジネスに集中いただけるよう、24時間365日の監視サービス、障害対応、柔軟な運用業務代行でお客様のサービスを守ります。

Bluemix Infrastructure監視・障害対応サービス

Bluemix Infrastructureのサービスは、標準で用意された基本監視では検知できない監視項目やサーバ情報の値を、JIG-SAWがお客様に代わり監視システムをご用意させていただき、最適な監視設計をご提案をいたします。お客様のサービスの仕様をうかがいながら、システム全体の構成、動作、可用性、バースト対策などを検討して、監視項目、閾値、フローを決定します。システム上の問題があった場合、エンジニアによる障害対応をするため、お客様は24時間365日サービス継続を維持する体制を構築することが可能となります。

Bluemix Infrastructure監視方法

Bluemix Infrastructure監視・情報収集

監視対象のサーバにpuzzleエージェントをインストールすることで、サーバのリソース、ロードアベレージやメモリの使用率の値を収集することが可能となります。

 

エージェント/イベント経由での監視

監視項目 監視詳細 監視方法 監視間隔
(ポーリング間隔)
リソース監視 ・サーバ負荷(ロードアベレージ)、CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率、スワップ使用率、ネットワーク使用率を収集 CPU・メモリ・ディスク・ネットワークなど、ハードウェアのリソース使用状況の収集 3分
プロセス監視(サービス監視) プロセス数、プロセスのメモリ使用量、Windowsサービス起動状態 プロセス監視は監視対象サーバで稼働中のプロセス名をperl互換の正規表現によるパターンマッチングで検索し、マッチした件数を監視 3分
ログ監視 Windowsイベントログ ログ種別、イベントの種別、ソース、分類、イベントID、メッセージの正規表現等の条件をもとに抽出 3分
テキストのログファイル
・/var/log以下のファイル
・syslogが出力するファイル
・アプリケーション独自のログファイル等
監視対象の任意の文字列(Error、Warning等)を含む行を抽出 3分
スクリプト監視 個別に検知したい項目や状態の確認や検知 個別スクリプト作成 3分
セキュリティ監視 外部からのセキュリティ攻撃を検知 個別 イベント検知

インターネット経由での監視

監視項目 監視詳細 監視方法 監視間隔
(ポーリング間隔)
PING監視(ICMP) 応答の有無、応答時間 pingにて対象の応答を確認する 3分間隔
(周期変更可能)
Webサービス監視(URI応答監視) 応答コード、応答時間、応答内文字列チェック 指定したURIに対してHTTPリクエストを送信し、レスポンスが返ってくるか、またレスポンスの内容を監視
FTPサービス稼働監視 ファイル取得可否、ファイル保存可否、ファイルリスト確認、応答時間確認 ftpにて要求を送り、対象の応答を確認する
TCPポート監視 ポート接続によるサービスの死活監視 指定したFQDNまたはIPアドレスの指定ポートに対してTCP接続を行い、接続可能かどうかを監視
データベース応答監視 データベースの死活監視、応答時間確認 指定したFQDNまたはIPアドレスの指定ポートに対して、データベース(MySQL、Postgres、MSSQL、Oracleなど)への応答を確認する
クラウドサービス監視 各種クラウドサービス上で稼働するインスタンス 各サービスで提供しているAPIを利用(各種クラウドAPIから情報収集可能なサービス)
  • ・上記に記載した内容は、代表的な監視項目となります。お客様のシステムやご要望に合わせて最適な監視項目を設定いたします。
  • ・puzzleソフトウェアエージェントをインストールした場合、対象サーバへの負荷はほぼございません。

Bluemix Infrastructure障害対応

Bluemix Infrastructureで動いているサービスでシステム障害が起きた際、弊社の自動運用システムで即座に復旧を試みます。そこで復旧しない場合、サーバエンジニアがBluemix Infrastructure上のサーバOSまたはミドルウェア等の再起動を一次対応として実施します。さらに復旧しない場合は、ログの調査やデータリカバリなどの手順にない作業など恒久的な障害二次対応でお客様のサービス復旧までサポートいたします。

  • 24時間365日自動運用

    Bluemix Infrastructure上でシステムに問題が起きた場合に、即座に自動検知と制御の指示を出し、サーバログインと定型のサーバ復旧を実行します。また有人での障害状況も確認いたします。
  • 障害一次対応

    障害対応手順に沿って、サーバのOS再起動、ミドルウェア再起動を実行します。サーバの再起動後のお客様のサービスURLの確認を行うことでアプリケーションの復旧も漏れなく確認します。

  • 障害二次対応

    障害一次対応で解決できない障害の際、サーバのログを見て障害原因の特定を調査したり、データベース復旧などお客様サポートします。

Bluemix Infrastructure運用保守サービス

手厚く豊富な運用作業代行メニュー

JIG-SAWが構築した環境はもちろんですが、お客様で構築されたサーバであってもBluemix Infrastructureの運用・保守の代行をいたします。
セキュリティアップデート、SSL証明書更新作業、障害調査、ファイヤーウォールの設定やサーバスペックの設定など、日々の運用業務を代行することでお客様は本来の業務に専念いただけます。

  • ・上記に記載した内容は、代表的な保守項目となります。上記以外にお客様のご要望作業がございましたらお問い合わせください。

Bluemix Infrastructureテクニカルサポート

JIG-SAWでは、フルマネージド契約をいただいたすべてのお客様のサポートには、テクニカルサポートサービスをご利用いただけます。JIG-SAWの24時間365日のサポートセンターでは、Bluemix Infrastructureの技術問い合わせを受け付けておりますので、緊急時の場合でも窓口となってサポートをすることが可能なため安心です。

  • Bluemix Infrastructure
    問合せサポート

    クラウド基盤の障害や技術問い合わせなどお客様に代わって問い合わせの代行をします。

  • Bluemix Infrastructure
    新機能の配信

    日々進化するクラウドサービスに対して、検証や利用におけるメリットなど最適なクラウド活用のために情報を提供します。

  • Bluemix Infrastructure
    コスト最適化

    ご利用し続けるクラウドサービスの費用の妥当性や最適化をお客様視点でご案内します。

  • セキュリティ情報

    脆弱性情報などをいち早く配信し、対象システムのパッケージなどをご連絡いたします。

サービス導入までの流れ

  • お客様
    1. ヒアリング

    お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡いただき、ご訪問させていただき、詳細にヒアリングさせていただきます。

  • JIG-SAW
    2. お見積り

    お客様のプランに合わせてお見積り・ご提案をさせていただきます。

  • お客様
    3. ご契約

    弊社書式の発注書をお送りしますので、ご記入、ご返信いただきます。

  • JIG-SAW
    4. 設定作業

    お客様のご要望、ご導入プランにより必要な日数が変動いたします。
    ※詳細は営業担当迄、お問合せください。

  • お客様
    5. ご請求

    月末締めの請求分を翌月末までにお支払いとなります。

導入実績550社、70業種、数万台のサーバー運用

JIG-SAWは、550社を超える企業より選ばれております。導入企業は、一部上場企業から中小企業までシステム規模によらず、企業の課題や要件をヒアリングさせていただき、取引形態に応じ、これまで培ったフレキシブルなノウハウをご提案いたします。

また、70業種以上のユーザ様の各業種の分類と特性を分析し、その業種ごとのナレッジやサービス事例など情報提供やご提案をさせていただくことで、お客様が運用されているシステムの安定稼働につなげます。

仮想化が進む中、サーバー台数という概念はもはやなくなってきており、システムの統合管理をどのように効率化していくかを定義し、システム管理者へのサポートをいたします。

お問い合わせはこちら

  • メールフォームでのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

03-62626-5160