システム監視・システム運用のJIG-SAW OPS

クラウド構築・運用ノウハウKNOW-HOW

  1. IaaSクラウドを最大限に活用するには

IaaSクラウドを最大限に活用するには

本記事のポイント

クラウドサービスを利用するという「選択」は始まりに過ぎず、引き続き「構築」「運用」のフェーズがあります。
これを自社内で独自に実施するには、高度な技術力や十分なノウハウが求められます。
これら知識や勉強時間がない人のために、トータルなサービスを提供するのが「JIG-SAWのOPSサービス」です。
IaaSクラウドの可能性を最大限に引き出すには、弊社のような専門家集団の力を借りるのが得策と言えます。

よりスピーディに構築するには?

クラウドサービスの「選択」の次にハードルとなるのは「構築」です。
「スピーディな構築と拡張」はクラウドの代表的なメリットであり、新たな事業を開始しようとしたら、他社に先駆けてシステムを構築しなければなりません。
悠長に検討を重ねていては競争に勝てない、たとえ失敗しても速やかに撤退できるなど、スピードが求められるビジネスではクラウドサービスを利用することが極めて適しています。

とは言え、IaaSにおけるシステム構築は、それなりに構築期間が掛かります。
ここで推奨したいのが、環境をスピードアップするコンポーネント(システム構成テンプレート)の活用です。
条件さえ合えば、最短1時間でOS/ミドルウェアの設定までが行える自動化サービスもあります。
このようなサービスを利用すれば、アプリケーションをインストールし、データを移行するだけですぐにシステムを利用することができます。

自動化サービスは、IaaSの乗り換えの際も役立ちます。IaaSの事業者数の増加につれ、クラウドも乗り換えを望む企業が増えています。
乗り換えるからといって長期間のサービス停止は許容されないケースも多く、自動化サービスはこの際にも柔軟に対応できます。
スピード構築はもちろん、乗り換えまで視野に入れると、自動化サービスの利用は是非検討いただきたい事の1つです。

【関連リンク】

完全に運用から解放されるの?

クラウドサービスはクラウド事業者側で常に最新のシステムにバージョンアップし、利用者側の運用負担を大幅に削減しています。
ただし、運用負担が全く無くなる訳ではありません。クラウド事業者はインフラ基盤までを保証しますが、その上で動く、OS、ミドルウェア、アプリケーションは利用者自身が運用を行う必要があります。

クラウドサービスを利用する上ではやはり、最低限の運用作業は継続しなければなりません。
ただ、「運用業務から解放されないのか」と諦めてはいけません。
クラウドサービスの利用拡大に伴ない、システムの運用監視を代行するサービスも増えてきております。

オンプレからクラウドへシステム移行に合わせて、運用監視業務も同時にアウトソースすることで担当者の運用負荷軽減に繋がるケースも近年は増加しています。

【関連リンク】

コントロールセンターはオープンにされているか?

クラウドを導入して「利用に徹する」企業が増えてくる中、そのような企業に好評なのが、運用のアウトソーシングです。
運用業務を委託することで、専任の運用担当者が不要となり、コアコンピタンスへの人材集中が可能となります。

ここで最も不安になるのが、委託会社の信頼性です。
運用の拠点となるコントロールセンターがブラックボックスとなっており、守秘義務からオープンにしていないベンダーも多く、派遣やアルバイトなど非正規社員に頼っているのではないか、情報漏えいの危険性はないかなど、利用者側としては委託する上での懸念事項になっています。

運用をアウトソーシングするのであれば、「コントロールセンターの見学を許しているベンダーを選択したい」や「正規社員で運用業務を代行して欲しい」など、信頼性を重要視して導入する企業も多くなっています。

【関連リンク】

ワンストップの「クラウドブローカー」に
まかせよう!

クラウドサービスを利用する上では、「選択」「構築」「運用」のそれぞれのフェースがありますが、自社で全てのフェーズを行うことには限界があります。
ここで推奨したいのが、クラウド活用の支援を1つの窓口で提供するクラウドブローカーの活用です。

クラウド/IoT時代、クラウドの有効活用は企業の競争力を左右するまでになっています。
クラウドは企業活動の機動力を上げ、戦略システムを素早く構築することで、競合企業との差別化を鮮明にすることができて、将来にわたったIT投資を最適化し、経営計画の立案を支援するサービスになっています。

これらメリットを最大限に活用したいでのあれば、個々の支援サービス利用するのではなく、クラウド選択・契約・構築・運用をワンストップで支援するJIG-SAWのOPSサービスを活用することでクラウド/IoT時代のビジネス促進に繋がっています。

【関連リンク】

クラウド構築・運用ノウハウ集~ クラウドからIoTまで、次世代のシステム監視・運用の基礎知識を網羅 ~

クラウドからIoTまで、次世代のシステム監視・運用の基礎知識を網羅した資料を無料進呈しています。

資料内容※一部抜粋
  • サービス正常性確認の重要性
  • クラウドのセキュリティ
  • クラウドサービスを選ぶ観点
  • クラウド選択の落とし穴
  • クラウド/IoTの運用自動化
など
A4版PDF 32ページ

JIG-SAW株式会社

JIG-SAWは、IoTやクラウド基盤に最適な技術やナレッジをベースに、データコントロールの仕組みとフルマネージドサービスであらゆるサービスを安定稼働で支えます。 2015年4月に東証マザーズ上場。 現在550社数万台のサーバー運用を行っています。

お電話でのお問い合わせ
03-6262-5160
電話受付時間:平日9:30〜18:30
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
サービス資料のご請求
資料請求フォーム
クラウドノウハウ集ダウンロード
ダウンロードフォーム